皆さんは肉派、魚派どちらですか?

私はどちらも好きなんですが、健康の為に意識的に魚を食べています。

だけどお肉よりレパートリーが少ないのが悩みなんですよね、楽しく食事をしながらコレステロール値を気にしない生活を楽しむ為の工夫で一体何が出来るか今回は考えて行こうと思います。

 

 

コレステロール値が高いと言われた…よし!ダイエットだ!…となる前に

健康診断で少し前まで大多数の人に意識されていたコレステロール値。

これが高いと再検査を言い渡された瞬間しばらく暗黒の食生活の日々を過ごした、なんていう人も少なくないのではないでしょうか?

だけどコレステロール値は実はただ闇雲にダイエットに勤しめば減ってくれるわけでも無く、食生活も工夫すれば更に効果的にコレステロール値を下げる事が出来るんだそうです!

今日はその事について取り上げていきます

 

 

野菜も海草もいいけど魚の栄養も必要不可欠!

コレステロール値が上がっているとどうしても動物性のたんぱく質を控えないといけないと考えがちですが、実は魚に含まれているDHAやEPAはコレステロールの減少効果が抜群なんだそうです、具体的にどんな働きをしてくれるかと言うと…

DHA

中性脂肪を下げて、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすおそれのある血栓を作りにくくする

EPA

体内にある余分なLDL(悪玉)コレステロールを回収して肝臓へ運搬するHDL(善玉)コレステロールを増やして肝臓へ運んでいくようにする

という働きがあるようです。

血栓を作りにくくしてくれるというのはかなりいい効果がありますね!

 

 

魚はどの魚を食べてもいい?

魚が私達に与えてくれる効果は分かりました。

じゃあ早速魚を食べよう!…でもどうせ食べるならコレステロール低下の効果が高い魚がいいですよね、一際多くのコレステロール値を下げる効果のある魚はあるのでしょうか?

実はあるらしいですよ!それはなんと…青魚!

希少だったり高い魚ではなくて、日本だったらどこでも手軽に手に入れる事が出来る青魚にそんな効果があったなんて驚きですね!

 

 

魚いっぱい摂るぞ!更に効果を上げるには

青魚にはDHAやEPAがたっぷり入っててそれがコレステロール値を効果的に下げてくれる事は分かりました、では早速食べるとしますか、グリルでサバをじっくり焼いて…しまうのも良いけど私は更に欲張りますよ、どの調理法でも摂取量は変わらないのでしょうか?

実は調理法によってもDHA・EPAの摂取量が変わってくるのだそうです。

揚げ魚や網焼きで焼いた魚だとたくさんの脂が落ちてしまってダントツでDHA・EPAの摂取量が落ちてしまうんだとか、フライパンやホイル焼きだと多少残るものの煮魚や汁物と比較すると摂取できる量は網焼きよりましなんだそうです。

そして気になる一番DHA・EPA摂取量が高い調理法は…刺身なんです!

酢で〆ても成分量は変わらないそうなのでしめ鯖なんかで食べても良いかもしれませんね、さんまの刺身とか旬だったら脂がのっていてとても美味しいですよね!

ただ一つ難点は新鮮な青魚の刺身はついうっかりお酒に手が伸びてしまいそうですが、本来の目的を見失わずに美味しく頂こう。

 

 

美味しい旬の魚を食べながら楽しくコレステロールを溜めない身体にしよう!

ここまでで青魚がコレステロール値を下げる効果がある事を勉強しましたがさらに焼き魚でも煮魚でも揚げ魚でもなく刺身がLDL(悪玉)コレステロール値を低下させるDHAやEPAを効果的に摂取できる事が分かってきました。

健康の為に食べなければいけないものがあると思うと食事をする時に気が重くなりがちですが、美味しいお魚を食べてLDL(悪玉)コレステロールをやっつけられるのはとても嬉しいですね!

我慢する食事療法ではなく、刺身を食べて美味しく楽しくコレステロールからおさらばしましょう!

最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント
↓↓↓
※悪玉コレステロールを減らすサプリランキングはこちらをクリック!


こちらの記事も読まれています