日差しも徐々に暖かくなり、新年度がもうすぐ始まりますね。

花見など、この時期ならではの楽しい行事も有り、1年の中で最もウキウキした気分にさせてくれると言っても、過言ではないでしょう。

 

でもこんなに楽しい季節なのに、何となく体調が優れないあなた、何故なのでしょうか。

もしかしたら、「コレステロール」が関係しているのかもしれませんよ?

 

 

コレステロールの役割とは

コレステロールとは、人間の体内存在する脂肪分の1種です。

メタボの原因として、よく悪者にされておりますが、本来は人間が生きていくのに必要不可欠な成分です。

 

コレステロールの役割は広く、全身の細胞の膜や、様々なホルモン、更には胆汁酸などを作っています。

それ以外にも、ビタミン類を代謝する役割を担っており、人間にとっては、非常に重要な役割を担っています。

 

 

コレステロールには2種類有る

善玉コレステロール(HDLコレステロール)と、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)って聞いたこと有りませんか?

HDLコレステロールは、体内で余ったコレステロールを回収する働きが有ります。

一方LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを、体内に運ぶ働きが有ります。

 

善玉と悪玉と分けておりますが、働きが違うだけで、本来存在そのものが身体に悪い影響を与えるわけではありません。

どちらも、生きていくためには必要な働きをしてくれています。

 

 

何故LDLコレステロールが注目されるのか

通常LDLコレステロールの値が、診断や治療においての指標となります。

何故ならば、血中のLDLコレステロールが多くなればなるほど、血管壁にコレステロールが溜まることになり、動脈硬化を促進してしまいます。

 

その結果、虚血性心疾患を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことになります。

つまり、生命の危険を示してくれる重要な指標となるわけです。

 

 

LDLコレステロールが少ないと何が問題か

LDLコレステロールが多いことの危険性は、よくわかって頂けたかと思います。

でも、LDLコレステロールが少ないことも、実は問題なんです。

 

LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを、体内に運ぶ働きが有ると説明しました。

つまり、LDLコレステロールが少なければ、体内にコレステロールを運ぶ機能が弱くなってしまいます。

 

その結果、細胞膜やホルモン、胆汁酸が十分に体内に作られないことになります。

それらが不足することで、例えばウイルスの侵入に弱くなり、ガンの危険性を高めると言われています。

また、ホルモンのバランスが崩れ、うつ病などの精神疾患に罹り易くなると言われています。

更には、胃もたれを引き起こし易くなるとも言われています。

そして、血管が細く弱くなり、脳出血を引き起こす可能性も有るそうです。

 

 

LDLコレステロールを増やすには

LDLコレステロールが低いことの危険性も、十分に理解頂けたと思います。

では、コレステロールを増やすためにはどうすれば良いのか?

 

一番手っ取り早いのは、コレステロールを多く含む食品の摂取です。

その食品で、私が最もお薦めしたいのは「レバー」です。

 

 

何故レバーがお薦めなのか

ずばり、栄養成分が非常に優れています。

豊富にコレステロールを含んでいることに加えて、「鉄分」や「ビタミンA」、「ビタミンB」のような、現代人に不足しがちな栄養分を豊富に含んでいます。

わずか50g程度で、1日に必要な量を摂取出来ます。

このような食品は、レバー以外は有りません。

 

しかも、レバーは他の肉や皮に比べて、カロリーや糖質が低いという特徴が有ります。

低カロリーで低糖質な、良好なタンパク源なんです。

これは摂取しない手は無いですね。

ダイエット中でも、ボディメイク中でも、是非摂取して頂きたい食品です。

 

ちなみに、日本では主に牛や豚、鶏のレバーが食べられますが、栄養面で、特に豚や鶏をお薦めします。

 

 

レバーのお薦めの食べ方

絶対に加熱して下さい。

生のまま食べるのは非常に危険です。

食中毒の危険が有ります。

飲食店で生の提供が禁止されたのは、こういう背景が有るんです。

 

ただ、加熱により独特の生臭さが出てしまいます。

(特に豚レバー)

その生臭さが苦手という方は多いんですよね(汗)

 

でも、加熱しても気にせず美味しく食べられるんです!

私がお薦めするのは、「レバニラ炒め」です。

独特の臭いを抑えて、簡単に作ることが出来ます。

 

参考動画を紹介させて頂きます。

是非挑戦して下さい。

 

 

どうしてもレバーが苦手というあなたには

レバーの素晴らしさはわかって頂けたかと思います。

でも、どうしてもあの触感が苦手というあなた。

 

だったら、触感がわからないようにすれば良いんです!

レバーのパテはいかがでしょうか。

 

また、レバー入りのハンバーグはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

  1. コレステロールは生命の維持に必要不可欠である
  2. コレステロールは少なくても問題が有る
  3. コレステロールを補うためには、レバーがお薦め

 

レバーの有効性は理解頂けたでしょうか。

でも、くれぐれも食べ過ぎや生のままで食べることは避けて下さいね

最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント
↓↓↓
※悪玉コレステロールを減らすサプリランキングはこちらをクリック!


こちらの記事も読まれています