コレステロール値が高いというとイメージで太めの体形を浮かべてしまう人は多いかと思います。実際コレステロールは脂肪の一種なので高い場合は体に脂肪として蓄えられてしまう場合が多いですしね

 ですが、見た目では痩せているにも関わらずコレステロール値や中性脂肪が高いと診断を受ける人も少なくはありません。

 自覚症状が有れば注意等が出来るのですが自覚が無い場合は気が付かない間に進行してという最悪のケースに繋がってしまう事が多いです。

 今回はそんな痩せているにも関わらずコレステロールや中性脂肪が高いのは何故?という事を見て行きたいと思います。

 それではお付き合いを宜しくお願い致します。

コレステロールや中性脂肪の役割は?

 健康診断や健康番組で取り上げられるコレステロールや中性脂肪、イメージで体に良く無いモノと思ってしまいますが、実際は有り過ぎると体に良く無いモノ、となります。

 コレステロールは細胞を生成する必要な脂質の一つなので私達が生きて行く上で必要な成分となります。

 一般的に悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールは体の各所に必要な脂肪を血液に乗って運ぶ役割を持っています。

 そして、余分なLDLコレステロールを細胞から運び出す役割を持つのが一般的に善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールとなります。

 2つとも体には必要な要素となりますので体に害がある訳では決してありません。

 

 そして、「中性脂肪」こちらも必要な脂肪の一つで必要な時に血液中の脂肪エネルギーとして直ぐに引き出せるという役割があります。

 コレステロールと中性脂肪、適量が体を巡っているならば全く問題が有りませんが。食生活や生活習慣、そしてなんらかの要因で増え過ぎてしまうと、血液を詰まらせてしまうドロドロ血液の原因となり動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を発症させるリスクを高めてしまう、という訳です。

 何事も多く取り過ぎると薬も毒になるが有っているのではないかと思います。

見た目では判断できない体質

 さて、そんなコレステロールと中性脂肪ですがイメージとしては脂質を多く取り過ぎた場合になる事が多い為に太った体形の人が数値を高くしてしまうので痩せていれば問題は無いと思いガチですが

 痩せた体形の方もコレステロールや中性脂肪の数値が高いという場合も少なくは有りません。

 脂肪は体(皮下脂肪)や内臓(内臓脂肪)と様々な所に付き、一人一人によって付く場所が異なります。

 

 痩せているのにコレステロール値や中性脂肪が高いと診断される人は食事等で摂取したコレステロール等の脂肪を皮下や内臓ではなく「血中」に留めてしまい易い体質の人という可能性があります。

 血中にコレステロールや中性脂肪を留めてしまう為にやせ形体形にも関わらずコレステロールや中性脂肪が高くなってしまっている他、体に必要なコレステロールの内7割は体内で作られます。残り3割を食事で摂取するのですが

 やせ形でコレステロールが高い人は脂肪を運ぶ役割を持つLDLコレステロール等が体内で作られ易い体質の場合も有ります。

 その上で食事からの摂取もありますから食事に気を付けている方なのにと思っていても体内で多く作られればコレステロールが多い(高い)診断になってしまいますね。

 

注意すべきは?

 病気等でも痛み等の自覚症状が有れば早急な対処も出来ますが、自覚症状が無い場合は気が付いたらという怖い結果になる場合が多々ありますね。

 やせ形なのにコレステロール値が高いという体質の人も体形に現れていないのでついつい油断をしてしまいとなってしまう危険がありますので注意が必要です。

 コレステロールや中性脂肪が高くなる原因としては

運動不足、コレステロールを多く含む卵、魚卵、脂質等を多く含んだ食事を食べ過ぎる、そして逆に野菜等、コレステロールを下げる効果のある食事を食べない偏った食生活、そしてストレスがあります。

 痩せているからと言って無理をせず、なるべく健康な生活をする心がけが必要になりますね。

悪玉コレステロールを減らすサプリランキングBest4!

まとめ

 現代は痩せている方が良いという認識(特に日本は)がありますが、それでも内部がボロボロだったら意味が有りません。

 見た目の為に痩せる、ではからだの為に健康に保つ事を頭に入れると良いかなと思います。現代は生活に追われる人が多数を占めているので難しくなっているのが辛い所でもありますがね

 ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

悪玉コレステロールを減らすサプリランキングBest4!

最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント
↓↓↓
※悪玉コレステロールを減らすサプリランキングはこちらをクリック!


こちらの記事も読まれています