徐々に日差しも暖かくなり、春の訪れが近づいていますね!

歓送迎会や花見など、何かと美味しいものを食べる機会が増えるこの時期、楽しいですよね?

でも1つ気になることが・・・

 

そう、コレステロールの増加です。

コレステロールが高くて悩んでいる方、多いのではないでしょうか。

 

髙過ぎるコレステロールは、動脈硬化を促進して虚血性心疾患を引き起こし、その結果脳梗塞を引き起こすことになります。

しかも、コレステロールが高いこと自体は、自覚症状が無いだけに余計に恐ろしいのです。

 

何を隠そう、私もコレステロールで悩んでいた1人です。

お酒が好きで、30代半ばにさしかかったあたりから、健康診断で毎年のように引っかかっておりました。しかも医者曰く、結構な危険水準(涙)

 

でも大丈夫ですよ!

ある食材を積極的に食べるように意識すれば、コレステロール値を改善することができます。

実証した私がお薦めする食材はこちら。

ずばり「あさり」です。

 

 

何故あさりなのか

あさりには「タウリン」という物質が豊富に含まれています。

このタウリンって言葉は、何となく知っている方多いのではないでしょうか。

昔、某栄養ドリンクのCMで、「タウリン1000mg配合!」ってやってましたものね。

古いか・・・(汗)

とにかく、このタウリンが、コレステロール値を改善するのに必要なんです。

 

 

何故タウリンが必要なのか

タウリンは、「胆汁酸」というものの合成に必要な物質です。

胆汁酸は肝臓で作られ、血液中のコレステロールを排出する作用を持っています。

肝臓内にタウリンが無いと、胆汁酸が作られず、コレステロールを排出することが出来ません。

だからタウリンが必要なんですね。

そのタウリンが豊富に含まれる食材が、あさりです。

 

 

あさりを美味しく食べるには

ここまでで、コレステロール値を改善するにはタウリンが必要だという事。

タウリンを豊富に含む食材は、あさりである事は理解頂けたかと思います。

 

では、あさりをどうやって美味しく食べるのか、その方法をこれから紹介しますね。

ずばり「あさりの酒蒸し」です。

美味しいですよね?

 

居酒屋の定番メニューですが、実は簡単に作れるんです。

初めての方は、こちらの動画を参考にして頂けると美味しく作れます。


ちなみに、パクチーなどをちょい足ししてみても美味しいですよ。

是非自分ならではの、ちょい足しを見付けてみてはいかがでしょうか。

 

 

他にお薦めの食べ方

余程のあさり好きでなければ、いくらあさりの酒蒸しが美味しいとはいえ、そればっかり食べていては、あさりそのものに飽きてしまいます。

飽きずにうまく日々の食生活に、あさりを取り入れる方法を紹介しますね。

 

それは、あさりを「意識しないことなんです。

例えば、パスタやお米のような主材となるものの中に、あさりを副材として加えれば、特別にあさりを意識することなく、主菜として食べることが出来ます。

 

他にもクラムチャウダーのように、副菜として食べる方法も有ります。

クラムチャウダーは、様々な食材の栄養を余すことなく摂取出来るので、特にお薦めです。

 

クラムチャウダーの参考動画を紹介しますね。是非挑戦してみて下さい。

 

このように、あさりを特別に意識せずに食べ続ける事が、コレステロールを下げることへの成功の肝になります。

 

 

あさりが苦手、調理が面倒という方には

あさりが苦手、もしくは調理するのが面倒という方には、栄養ドリンクやサプリメントで摂取するという方法が有ります。

 

ただ、栄養ドリンクは糖分のような他の成分が気になる事。

サプリメントは海外製のものしか無く、何となく不安が有ったので、私はそれらには手を出してはおりません

 

 

まとめ

  1. コレステロール値を改善するためには、タウリンが必要
  2. タウリンを豊富に含む食材でお薦めは、あさり
  3. あさりは、特別に意識せずに摂取し続けることが大事

 

あさりを摂取し続ける生活を約1年間続けた結果、コレステロールが正常値になりました

読者の皆さんも是非お試し下さい。

お薦めです

 

ただ、自分で調理する場合は、くれぐれも砂抜きにはご注意下さいね。

最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント
↓↓↓
※悪玉コレステロールを減らすサプリランキングはこちらをクリック!


こちらの記事も読まれています