梅雨が明けて、いよいよ夏本番ですね。

暑い中、日々のお仕事お疲れ様です。

 

これだけ暑いと、仕事あがりの、居酒屋での一杯がたまりませんよね?

また、バーベキューやビアガーデンなど、この時期ならではの楽しみもございます。

 

私もお酒が大好きなので、お酒が美味しく飲める夏は好きです。

ついつい飲み過ぎてしまいますが(汗)

 

私と同じく、夏を満喫しようと考えているあなたですが、1つ悩みが・・・

そう、「コレステロール」です。

 

健康診断の結果を見て、相変わらず高いコレステロールにうんざりしましたよね?

お腹回りも相変わらずで、メタボと診断されています。

 

夏を楽しみたい。でもコレステロールが気になる。

そんなあなたは、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

動物性脂質の摂取量を減らそう!

 

あなたは、お酒のお供として何をよく頼んでいますか?

恐らく、から揚げなどの揚げ物や、レバーの串焼きなどの内臓系のものを頼んでいますよね?

また、ハンバーガーなどのファーストフードも、頻繁に食べていませんか?

 

これらの食べ物は、動物性脂質を多く含んでおります。

動物性脂質は、体内で「悪玉コレステロール」を生成する素になります。

だから、動物性脂質の摂取量を減らすことが大事になります。

 

動物性脂質の低い食事の代表例としては、季節の野菜に魚、大豆製品を盛り込んだ伝統的な和食です。

是非、あなたにはお薦めしたい食事です。

 

しかし、お酒が大好きなあなたです。

いくら動物性脂質を減らしたいからといって、いきなりこのような食事に切り替えるのは難しいと思います。

 

そこで私がお薦めしたい食材は、ずばり「かつお」です。

 

 

何故かつおがお薦めなのか?

 

かつおは、ぶりやいわしなどと同様に、青魚に分類されます。

これらの青魚の脂には、「EPA」という成分が含まれております。

 

このEPAですが、コレステロールでドロドロになったあなたの血液を、サラサラにしてくれる効果が有ります。

そのため、動脈硬化や心筋梗塞など、血管系の病気の危険性を減らす働きが有ります。

 

血液だけでなく、血管年齢を若く保つ効果が有り、血液や血管の健康維持に重要な役割を果たしております。

しかも、あなたが健康診断で指摘されている、中性脂肪の改善にも効果が有ります。

 

ちなみに、EPAは人間の体内では、ほとんど生成することが出来ない必須脂肪酸の1つです。

食べることでしか、体内での含有量を増やすことは出来ません。

 

EPAを積極的に摂取すべき理由は、ご理解頂けたかと思います。

では青魚の中で、私が何故かつおをお薦めするのかについてです。

 

それは、かつおがぶりやいわしと比べて、カロリーが低いためです。

かつおはぶりやいわしと比べて、脂身が少ないんですね。

脂が乗ったぶりやいわしはやはり美味しいですが、それだけカロリーが高くなります。

 

 

かつおの選び方とは?

 

かつおをお薦めする理由は、ご理解頂けたかと思います。

では、かつおなら何を選んでも良いのでしょうか?

 

何でも良いというわけではなく、是非鮮度の良いかつおを選んで下さい。

なぜなら、EPAは酸化し易いものです。

 

酸化してしまうと、EPAの効能が弱まってしまいます。

しかも生臭くなってしまい、せっかくのかつおを美味しく戴けません。

 

では、鮮度の良いかつおは、どうやって見分ければ良いのでしょうか?

 

刺身やサクなら、身の色味に注目して下さい。

鮮度の良いものは、身が鮮やかな赤色をしております。

逆に鮮度の落ちたものは、身が黒っぽい赤色をしております。

 

一尾で買うなら、かつおの胴回りに注目して下さい。

胴回りが丸みを帯びているものが、鮮度の良いものの証明になります。

 

 

まとめ

 

  1. コレステロールの改善には、青魚に含まれるEPAの摂取が有効
  2. EPAの摂取にはかつおがお薦め
  3. 鮮度の良いかつおを選ぶべき

 

いかがでしたか?

かつおはEPAを摂取が出来て、しかもカロリーが低い青魚です。

 

是非お酒のお供にして下さいね。

最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント
↓↓↓
※悪玉コレステロールを減らすサプリランキングはこちらをクリック!


こちらの記事も読まれています