先日、姪が血液検査をしたのですが、なんとLDLコレステロールが高値を記録してしまいました…親である弟のお嫁さんがショックを受けています。

たしかに、子供が高コレステロールになるなんて考えたことがないので、おばである私もショックを受けました。

そこで、子供のコレステロール値が高くなる原因とその対処法について調べてみましたので、同じような悩みを持つ親御さん達と調査結果を共有したいと思います!

1.子供でもコレステロールが高くなる!その原因とは?

①食事が原因

実は血中コレステロール値は、直近の食事の影響を受けやすいと言います。特に油モノなどを食べた翌日は中性脂肪や血中コレステロール値が上がると言われます。

また、肥満の人はコレステロール値が慢性的に高くなる傾向があります。

②家族性因子が原因

遺伝的に、コレステロール値が高くなってしまう体質の人がいます。両親や祖父母、兄弟などに高コレステロールの人がいたらその可能性があります。

家族性の場合、かかりつけ医で経過観察を行い、慢性的に血中コレステロール値が高いことが分かったら、食事や運動療法で下がる可能性は低いので、投薬治療を行う場合があります。対処法を医師とよく相談しましょう。

2.子供の高コレステロールへの対処法

家族性ではなく、食事や肥満が原因の場合は、食事療法と運動療法で効果が期待できます。

①食事療法

コレステロールを下げるといわれる食材は沢山あるので、それらを積極的に食事に取り入れることが大切です。

代表的なのは、青魚や大豆製品、海草・キノコ類などです。

【青魚】

イワシ、サバ、サンマなどの青魚には「EPA」「DHA」が多く含まれており、血中の悪玉(LDL)コレステロールを減らす効果があると言われています。

【大豆製品】

納豆や豆腐などの大豆製品に含まれる良質な植物性タンパク質は、コレステロールの吸収を抑えると言われています。

悪玉コレストロールを下げる「ハイ!調製豆乳」

【海草・キノコ類】

海草・キノコ類に多く含まれる食物繊維は、コレステロールの吸収を抑えると言われています。

また、ワカメやコンブなどのヌルヌル成分「フコイダン」は、コレステロールを下げる働きがあると言われています。

これらの食材は、簡単に手に入るものばかりで、日々の食事に取り入れやすいので、積極的に食べましょう!

また、間食は、お菓子やジュースを控えさせ、代わりに果物やお芋などを出すようにするといいですね。

【お茶】

緑茶に含まれているカテキンがコレステロールに作用すると言われています。

以下のお茶は無農薬、有機栽培でとても美味しく 安心して飲めます。

↓食事と一緒に飲むことをオススメします。



コレステロールを下げるお茶!おすすめ3選

②運動療法

肥満の子供は、運動により肥満を解消させることで、健康を取り戻すことができます。

また、肥満でない高コレステロールの子供も、運動によりカロリーを消費することにより、血中の中性脂肪やコレステロールが減る効果が期待できます。

大人ですと、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめですが、子供だと飽きてしまうので、縄跳びや水泳がおすすめです。

特に水泳はスイミングスクールで習っている子供が多く、将来的にも万が一の際役にたちます。

子供のコレステロールが高い!どうしたらいいの???まとめ

1.子供でもコレステロールが高くなる!その原因とは?

①食事が原因

②家族性因子が原因

2.子供の高コレステロールへの対処法

①食事療法

②運動療法

最近は、大人は最低でも年に1回、健康診断で血液検査を行うので、色々な病気が早期に発見できるようになりましたが、子供は学校の健康診断で血液検査まで行うことはほぼないので、コレステロール値が高くても、発見されることは少ないというのが現状です。

しかし、うちの姪のように、何かのきっかけで、高コレステロールであることが判明することがあります。コレステロール値が高いまま放置しておくと、将来、動脈硬化や心筋梗塞の危険性が増すので、早いうちに対策をとりましょう。

子供の健康を守るのは大人の義務です。日々の食事や運動をきちんと管理してあげることが大切ですね。弟のお嫁さんにこの調査結果を伝えて、すぐにでも食事療法や運動療法を行うように勧めたいと思います。

↓本気で体調管理をしたい方限定「白井田七。茶」


最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント
↓↓↓
※悪玉コレステロールを減らすサプリランキングはこちらをクリック!


こちらの記事も読まれています